直線上に配置

【6】
いよいよ撮影開始!


まずは着付けに時間のかかる和装の写真からスタート。

ヘアメイクと着付けを手際よくしてもらっていきます。

ただやはり普段着慣れていないため帯が若干苦しい様子。

スタッフの方曰く、作り帯なので紐がどうしても苦しいと感じてしまいがちになってしまうとの事でした。

むしろ普通の帯の方が苦しさは少ないんだそうです。ちょっと意外でした。

着付けが終わって鏡を見て娘もにっこり。その後の撮影も順調に進みました。色々なカットを撮影してくれるので、後で写真選びが大変そうです(笑)

ところが2着目の着物の時は、ちょっと苦しいのと疲れてきたので娘の顔から笑顔が消えていきました…。

着付けてくださる方も途中で交代して、最初の方よりも手際が悪かったので娘も余計にしんどく感じたのかもしれません。

とはいえこの2着目の着付けをしている間に、別の方の撮影が入っていたので早く着付けてもらっても写真撮影まで待たなければいけなかったのでトータルの時間を考えればかわらなかったとは思います。

それでも何とかスタッフの方が娘の気持ちを上げてくれて、2着目の着物の撮影も無事に終了。

この後のドレスは疲れてしまって無理なんじゃないか?とちょっと思ったんですが、ドレスは着るのも楽ですし、何よりドレスの方が着たかった娘なのでその後はニコニコ顔でした。


さらに今回の写真は本人と一緒に兄も撮影してもらうことに。

ただ全てを兄も一緒にとなると時間がかかりすぎてしまうと思ったので、
和装は本人のみの撮影で、ドレス姿の方で兄妹のツーショット撮影に。

兄のほうは小学校5年生で140サイズでしたが、
スーツと靴を貸してもらうことができました。

最初の時は「待ち時間が長い〜」「オレもなんで一緒に撮るの〜?」なんて言っていた息子ですが、いざ写真撮影になるとスタッフさんの軽妙な声かけもあって楽しかったようです。

なかなかこんな機会ってないし、やはり兄妹で一緒に撮影できてよかったなぁと思っています♪


直線上に配置