直線上に配置

【4】
スタジオマリオでの衣装選びについて

まず最初に選んだのは着物。
スタッフの方が娘の袖丈を図ってくれて、
その袖丈に合った生物の中からチョイスすることになります。

だいたい10数種類あったんじゃないかな?
いろいろな色と模様があるので、かなり娘は悩んでいました。

いくつか目についてこれがいいといったものを、
パパが2つずつ手に持って並べて「これとこれならどっちがいい?」
と言う風にたずねながら絞って決めて行きました。

最終的に選んだのは白い生地に薔薇の模様が入った着物。
セイコマツダのブランドのものでした。

その次に選んだのがドレス。

普段の娘の洋服サイズはいまポンドが120のサイズになっています。

ただそのサイズだとドレスは大きいんだそうで、
娘が選んだ2つのドレスは100と110のものでした。

2つのサイズから選んだので、 2着以上の中からチョイスしたと思います。

このドレス選びの方が着物よりは早かったです。

当初からフリフリの付いたものという希望があったので、選びやすかったのかもしれません。

ところがどっこい、じゃあイザ着替えましょうという段になって「やっぱりもう一つ着物が着たい」と言い出した娘。

スタッフさんに聞いたところ「撮影に時間がかかってしまいますがそれでも良ければ」ということで、もう1つ黄色い着物を着ることにしました。

別に意識して選んだわけじゃないんでしょうか、なんとこの黄色い着物のほうもセイコちゃんブランドのもの。

娘のフィーリングとSeiko Matsudaブランドが合ったんでしょうか?!

そんなわけで結局娘は着物を2着とドレスを2着の合計4つを着ることになりました。

トップ アイコントップページへもどる

直線上に配置